LCCを使いこなそう!メリットとデメリットを把握してお得に航空券を購入しよう!

- 安く飛行機に乗る3つの方法

桜並木

安く飛行機に乗る3つの方法

以前に比べると、国内の旅行においても飛行機を利用するケースが増えてきています。
これは飛行機運賃自体が安くなっていることが大きな理由のひとつでしょう。
とはいえ、まだまだ飛行機運賃は高いと考えて利用を躊躇している人も少なくないようですが、上手く利用すればその他の交通機関を利用するのと変わらない、もしくは安くなる方法もあるのですよ。

飛行機に安く乗るならLCC

その方法のひとつがLCCを利用することです。
LCCとはLow Cost Carrierの略称で、格安航空会社のことです。
とにかく安く飛行機に乗りたいというなら、LCCが最もおすすめといえるでしょう。
条件にもよりますが、ANAやJALなどの大手航空会社の普通航空運賃と比較して最大で1/10近く安いケースもありますし、後述する大手航空会社が提供するお得な早期割引サービスと比べても半額以下で乗ることが可能です。
格安運賃が大いに支持されて、LCCの利用者数は近年うなぎのぼりに増加しています。

ただしデメリットもある

ただし、LCCを利用する際にはデメリットも存在していることを知っておくべきでしょう。
デメリットのひとつが、座席の間隔が狭いという点です。
LCCは一度のフライトでなるべく多くの乗客を運び利益を生み出すことで格安な運賃を提供できるわけです。
したがって、多くの乗客を乗せる座席を確保するために大手航空会社のそれと比べるとシート幅が狭くなっているのです。
ふたつ目が、大手航空会社では無料で提供されるサービスがオプション扱いとなり、利用する際には有料になる点です。
たとえば、機内食やドリンク、毛布、映画などは有料ですし、機内預け荷物にもお金が掛かります。
手荷物は1個までなら無料で持ち込みできますが、サイズや重さが厳密で少しでもオーバーすると追加料金が発生しますし、座席指定も有料です。
その他、遅延や欠航も少なくありませんし、機材故障などとで結構になった場合でも自社の別便にしか振り替えはしてもらえません。
さらに当日フライトの準備ができない場合の宿泊ホテル代や食事代は利用者の負担になるなど、いくつかのデメリットの存在を理解したうえで利用することをおすすめします。

格安航空チケットを手に入れる

格安料金で飛行機に乗る方法のふたつ目が、国内格安航空券を手に入れることです。
格安航空券の入手方法は主に2つあって、ひとつが街のチケットショップで手に入れるというものです。
ただ、チケットショップでは希望するフライトが手に入らないことも少なくないのが実情です。
そこでもうひとつの方法が、大手航空会社の提供する早期割引サービスを利用することです。
これは「早割」や「特割」など航空会社によって呼び名は異なりますが、搭乗日よりも早く予約・購入することで通常運賃よりも格安な価格で航空券を手に入れることができます。
条件にもよりますが、中には通常運賃の80パーセント割引といったケースもあります。

早期割引の注意点

ただしこれも利用の際には、いくつかの注意が必要です。
そのひとつが、予約の変更ができないことです。
もし変更するのであれば予約をキャンセルして新たに別の便を予約し直さなければならないのですが、キャンセル料が非常に割高で運賃の半額程度を請求されてしまいます。
ふたつ目が、どの便でも早期割引サービスを適用していない点があります。
また適用していても適用座席数が少ないうえに非常に人気が高いので、販売が開始されるとすぐに売り切れてしまうことも挙げられます。
こういった注意点があっても、格安価格で通常運賃と同じ待遇が受けられるのは大きなメリットといえるでしょう。

パック商品もおすすめ

三つ目の方法が、飛行機とホテルがセットになったパック商品を利用するというものです。
航空会社では自社便とホテルを組み合わせた格安パックを提供していますし、旅行会社でも「ツアー」というかたちで販売しています。
これは航空チケットが個人型の団体割引運賃となっているために通常で購入するよりも安くなるのに加えて、ホテルを事前にある程度まとまった数をおさえておくことで割安な料金にできるというわけです。

Copyright(C)2018 LCCを使いこなそう!メリットとデメリットを把握してお得に航空券を購入しよう! All Rights Reserved.