早期購入割引でお得に飛行機を利用しよう

- 早期購入割引でお得に飛行機を利用しよう

桜並木

早期購入割引でお得に飛行機を利用しよう

現在最も安い料金で国内で飛行機を利用しようと思ったなら、LCCが最適でしょう。
けれども、確かにLCCは安いけれども座席間隔が狭い、機内食やドリンク、毛布の貸し出し、機内エンターテイメントなどが有料、遅延や欠航が多い点やその際の対応などに不満を感じている人も少なくないようです。
かといって大手の航空会社の運賃は高いし…と思っている人におすすめなのが、早期購入割引なのです。

早期購入割引とは?

早期購入割引は搭乗日より早く航空券を予約・購入することで通常運賃よりも大幅な割引価格で入手できるサービスで、多くの航空会社が提供している格安航空券です。
「旅割」「特割」など航空会社によって呼び名が異なりますが、総称で「早割」といわれています。
また設定日数の種類も若干違いますし割引率も異なりますが、多くは搭乗日の75日前から1日前までの間でいくつかの設定がなされていますし、割引率は搭乗日よりも早ければ早いほど安いというのが基本です。

通常運賃の半額程度は当たり前で中には80パーセントという激安な設定をしている場合もあり、時期や路線などにもよっては新幹線を利用するより安く手に入れることができる点が魅力です。
料金は激安でも座席や機内でのサービスなどは通常運賃で購入した場合と全く変わりません。
LCCの料金と比較するとかないませんが、多少多く支払ってもより快適に移動したいという人ならこちらのほうがおすすめかもしれませんね。

早期購入割引の注意点

このようにお得に大手航空会社の飛行機を利用する際におすすめな早期購入割引ですが、注意点もいくつかあります。

そのひとつが、予約の変更ができないという点です。
そのため変更をする場合には一旦予約をキャンセルして新たに別の便を予約し直さなければならないのですが、キャンセル料が非常に割高で運賃の半額程度掛かってしまいます。
また、普通運賃で購入する際よりも予約期限が短かい点やすべての路線や期間で早期購入割引の設定があるわけではないので、自分の希望する便では利用できない可能性がある点も挙げられます。
さらに、割引価格で提供する座席数は限定されているうえに人気が高いので、販売開始からすぐに売り切れてしまうことも珍しくありません。
したがって、旅程が確定しづらかったり変更の可能性がある場合や出発のギリギリまで日程が決定しないケースでは早期購入割引の利用は難しいといえるかもしれないですね。
マイルを貯めている人にとっては、マイルの換算率がよくない点もデメリットといえるでしょう。

Copyright(C)2018 LCCを使いこなそう!メリットとデメリットを把握してお得に航空券を購入しよう! All Rights Reserved.