なぜLCCは安いのか?

- なぜLCCは安いのか?

桜並木

なぜLCCは安いのか?

国内を移動する手段として、列車やバス、自動車、船といったものがありますが、長距離を、そして短時間でとなるとやはり飛行機が最も最適といえるでしょう。
しかし飛行機は料金が高いからと敬遠している人も少なくないようです。
ところが最近では以前とは異なり、格安料金で飛行機が利用できるようになっているのです。

安く乗るならLCC

スポットライト
大手航空会社が提供する格安航空券の存在もありますが、やはりLCCの出現が大きな理由です。
LCCとはLow Cost Carrierの略称で格安航空会社を指します。
大手航空会社を利用するよりも、一般的に2~5割ほどの大幅な割安価格で飛行機に乗ることができると人気が急上昇しているのです。
さらには、定期的にキャンペーンを実施しており、それを利用すれば「激安」ともいえる価格で航空チケットを手に入れることも可能です。
また、燃料サーチャージが運賃に含まれていたり徴収されない、もしくは徴収されても大手航空会社よりも安いといった場合もあります。

LCCが安い理由

東京ポスター
では、なぜLCCの料金はそれほどまでに安くできるのでしょうか。
ひとつ目に、使用機種を統一している点が挙げられます。
大手航空会社では何種類かの飛行機を使用していますが、LCCのほとんどは1種類だけです。
飛行機の免許は機種ごとに必要ですが、1機種だけならパイロットの数やその養成にかかる費用も抑えられます。
また、メンテナンスの整備士も同様ですし、器材や部品などの調達コストの削減にもつながります。

ふたつ目が、飛行機の座席数を多くしている点です。
一度のフライトでできるだけ多くの人を乗せるほうが一人当たりのコストを下げることができるので、LCCで使用する飛行機の座席は同じ機種でも大手航空会社のものより多くなっています。
ただし、その分座席間隔が狭くなるのはデメリットといえるかもしれません。

三つ目が、無料サービスの廃止や縮小といった点です。
大手航空会社の飛行機では無料で提供される機内食やドリンク、また毛布、機内映画などのエンターテイメントが、LCCでは有料です。
もちろんこういったものにはコストがかかっているので有料にすることでコストが必要なくなるどころか収入につながります。
機内預け荷物にもお金が掛かりますし、機内持ち込み荷物のサイズや重さも厳密にして少しでもオーバーすると追加料金が請求されます。
こういったサービスが必要ない人にとっては、その分航空料金が安くなるほうがありがたいですよね。
LCCはその思いを実践しているというわけです。

Copyright(C)2018 LCCを使いこなそう!メリットとデメリットを把握してお得に航空券を購入しよう! All Rights Reserved.