安さだけに目を向けてはダメ!LCCのデメリット

- 安さだけに目を向けてはダメ!LCCのデメリット

桜並木

安さだけに目を向けてはダメ!LCCのデメリット

以前は国内を移動する際に電車やバスなどに比べて飛行機の料金は高いというのが常識でしたが、近年ではその差が小さくなっているだけでなく、場合によっては飛行機を利用するほうが安上がりといったケースも見られるようになってきました。
それには格安航空券の存在も挙げられますが、LCCの登場も大きな理由のひとつでしょう。

シート間隔が狭いこと、何でも有料であること

現時点でとにかく安く飛行機に乗りたいというのであればLCCを利用するのが最もおすすめといえます。
しかし、メリットだけでなくいくつかのデメリットも存在することを知っておく必要があります。

主なデメリットとして最初に挙げられるのが、大手航空会社よりも座席間隔が狭いという点です。
LCCでは1度にできるだけ多くの乗客を運ぶことで運賃を割安にしていることから、より多くの乗客を乗せるために座席間隔を狭くしているのです。
これは、特に大手航空会社の飛行機に乗り慣れている人にとっては不満に感じられるようです。

次に、いろいろなものが有料であるという点です。
大手航空会社において、機内食やドリンク、毛布、さらには映画などの機内エンターテイメントは無料で提供されますが、LCCではすべて有料です。
したがって、当日機内で購入する必要があったり、フライトの予約の際にオプションとして申し込んでおく必要があります。
また、機内預け荷物は別途料金が発生することや機内に持ち込める手荷物の大きさや重さが非常に厳密化されており、多少オーバーしただけでも追加料金を請求されてしまいます。
さらに座席指定や予約の変更も基本的に有料、もしくはオプション扱いで別料金のプランを申し込むといった扱いになります。

遅延や欠航が多く、その後の対応もデメリット

三つ目に、遅延やフライトキャンセルが多い点も大きなデメリットです。
飛行機の待機時間をなるべく短くし効率よいフライトスケージュールを組むことがLCCのビジネスモデルですが、一旦故障など予期せぬ事態が発生するとスケジュールがタイトであるがゆえにその後のフライトに大きな支障が生じます。
そのために遅延が起こったり、その結果空港利用可能時間を過ぎてフライトができなくなることも少なくありません。

四つ目に、欠航時の保証はないという点です。
前述したようにフライトキャンセルはしばしば起こりますが、その際大手航空会社では他社便への振り替え手配を行ないます。
また、当日フライトできなければ宿泊場所や食事の手配をしてくれたりその費用負担も行なってくれます。
しかしLCCでは自社都合で欠航したとしても自社便でなければ手配してもらえませんし、宿泊場所や食事は自己負担となります。

  ← 前の記事:  
Copyright(C)2018 LCCを使いこなそう!メリットとデメリットを把握してお得に航空券を購入しよう! All Rights Reserved.